国内ボクシング観戦記

日本のボクシング

日本のボクサーはアメリカやメキシコ人に比べてディフェンス技術が悪く、よく打たれると
昔から言われてきました、しかし最近では打たせずに勝つ選手が増えてきました。
長谷川穂積が世界チャンピオンだった時期からその傾向が強くなってきました。
西岡利晃、内山高志、井岡一翔、亀海喜寛などみな打たせずに打ち勝つ選手ですね。
そして村田諒太もスタイル的には無骨な感じなのに圧倒的なパワーとプレッシャーで
相手の攻撃を無力化して倒してしまうので、結果打たれません。

 

昔は世界戦ともなるとみんな顔をボコボコにして死にそうな感じでインタビューを受けていましたが、
いまはきれいな顔でリングを降りる選手が沢山増えてきています。

 

これには2つ原因があると思います。それは日本人選手の技術的向上と
海外ボクサーの実力の低下です。日本の選手の技術向上は申し分が無いと思いますが、
海外ボクサーは明らかに昔のほうがつよかったと思います。

 

例えばバーナードホプキンスなんかはいまでも充分トップレベルだし、
18年前世界チャンピオンに初めてなったフロイド・メイウェザー・ジュニアはいまでも
パウンドフォーパウンドナンバーワンと言われています。
もしあの時代に20年前の選手が現役を続けてても刃が立たなかったでしょう。
現にシュガー・レイ・レナードやロベルト・デュランはあっさり当時の選手にやられています。
そんな感じで海外ボクシングのレベルの低下によって日本人選手の活躍がますます期待できます。

西岡対ドネア戦からもう一年以上が経ちました。
あの時の西岡は全盛期と比べると体に切れが無かったように思えます。
おそらくブランクも影響していたのではないでしょうか、出来れば、
もっと早く試合が実現してればと思えてなりません。
ダウンを奪われた後左ストレートが当ったのですが、浅かったですね。
あれがもっと深く入っていればと思います。

 

あのあと、ドネアがリゴンドーに負けてしまったので、なんだかちょっと価値がさがってしまいました。
そしてドネア対ダルチニャンの再戦のときもかなり苦戦していました。
バスケスジュニアにも苦戦していたので結構出来不出来が大きい選手ですね。
西岡が万全の調子で、ドネアが不調の時であればチャンスがあったのではと思えてなりません。
あの時のドネアの動きはキレキレでしたので、付け入るスキがありませんでした。
せめてムンロー戦の時の調子ならと思います。

 

西岡が戦後語ったのですが、まるでナイフを突きつけられているかのような感覚で
中々手が出せなかったそうです。私もボクシングをやったことがあるからわかりますが、
格上のカウンターパンチャーと戦うと相手が狙っているのが分かるので
中々パンチが打てません。それをヘタすると倒されてしまうので
防衛本能が働いてしまいます。
それをなんとかするのが勝負の世界ですが、殆どの場合はなんともなりません。

 

医療事務資格ナビ@通信講座&通いスクール選びのために

続きを読む≫ 2014/04/16 14:47:16

2012年ロンドンオリンピックで村田諒太がなんと東京オリンピック依頼の金メダルを獲得しました。
これは素晴らしい快挙なのですが、なんといっても階級が凄いです。
フライ級やバンタム級ではなくミドル級です。アマチュアのミドル級はプロより若干重いのですが、
普通日本人ならパワー負けするのが当たり前の所圧倒的なパワーでスピードとテクニックに
あふれた海外トップアマチュアを下していきました。フィジカルがすごすぎますね。
先日の柴田戦を見ていておもいましたが、身体の出来がまるで違います。
同じ階級なのに大人と子供のようでした。
柴田本人も骨格が全然違ってるように感じたと言ってましたがまさにその通りで、
日本人のパンチは村田には効かないんじゃないかと思います。

 

村田のエピソードとしては中学生の時プロとスパーリングして圧倒したそうです。
しかも初スパーで。とんでもないですね。相手をしたプロも自信をなくしたことでしょう。
やはり天才っているんですね。オリンピックの時もロクにトレーナーもスパーリングパートナーも
居ない中あれだけの結果を出せたのだからプロでももうチャベスジュニアくらいと
五角以上にやれるのではないでしょうか。
チャベスジュニアは村田とタイプが似ていますね。
技術的にはそんなに目をみはるものがないんですが、圧倒的なフィジカルでプレッシャーを掛けて
相手を追い詰めるところですねボディ打ちもすごかったです。

 

これから日本の重量級を担っていく存在ですね。ミドルといわず、スーパーミドルや
ライトヘビー級にも挑戦して欲しいです。ホプキンス対村田なんてワクワクするカードですね。

 

医療事務資料請求

続きを読む≫ 2014/04/06 13:11:06